薬剤師の転職事情は?転職はしやすい?

薬剤師として、転職を考えたとき、やはり気になるのは、薬剤師の需要などがどうなっているのか?なんていうような薬剤師の現状ではないでしょうか。自分の職種が果たして、現在どういった現状になっているのかを把握することは、転職をする・しないという決断をする大きな指針になってきますから、是非とも覚えておきたいところですね。

調剤薬局などの場合には、薬剤師の割合は、女性が非常に多いという傾向があります。ですから、就職をし、20代も中盤から後半にかけては、結婚というイベントによって、一旦職を離れる女性が非常に多いと言えるのです。ですから、需要は一定にあるということは言えるわけですが、問題なのは、結婚をし、妊娠・出産を終えた女性が、30代、40代になって復職をするパターンが多いということなんですね。復職といっても、がっつり正社員での復職というものではなく、パートなどで家庭に影響が与えない程度での職場復帰が多いということです。

薬剤師は2006年の大学6年制の変更によって、空白の2年間があり、新卒者が獲得できず、非常に需要が高い期間がありましたが、2012年からは新卒者が獲得できるようになったため、これまでのように、売り手市場一本槍という状況ではないのが現状です。今まではこの影響からか、職場なんてものに馴染めないからというような簡単な理由で離職をしても、人材ほしさのために、年齢を考慮などして、簡単に転職を実現させることは可能でしたが、これからはそういった短期間で転職を繰り返しているような人間には、非常に厳しい現実が待っていると言わざるを得ないでしょう。

そういった現状の中で業界の流れが変わりつつありますから、情報の収集というものをこまめにしておくことが大事になってきます。こういった情報は、薬剤師専門の転職支援サイトに登録をし、常に求人をチェックするなり、キャリアコンサルタントに、今住んでいる知識の薬剤師の転職事情などを、相談するということがてっとり早く、正確な情報をつかむことができるコツだと言えるでしょう。これから先に、当たり前のように新卒者が獲得できる状況になりますから、ここ2、3年の転職情報は確実にチェックしておきたいところですね。


>>本気の転職をスタートさせるなら転職業界の雄「リクナビ薬剤師」<<

薬剤師の求人に強いサイトランキング!

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師
  • ・転職支援の老舗リクルートのキャリアコンサルタントが、転職成功に導いてくれる!
  • ・総求人数は国内最大の35,000件以上。小規模な薬局から、大手ドラッグストア、病院まで。
  • ・転職先の職場環境を徹底調査。入職後のミスマッチが少なく、離職率が低い!
  • ・転職のメリットやデメリットをしっかりと説明。転職後には年収UPが確実な案件が多数!
  • 煩わしい事務手続きはキャリアコンサルタントが代行。仕事が忙しい薬剤師にも便利。
  • ・クライアントが求めている人材を面談前に細かく指導。安心して面談ができます。
  • ・あなたの希望条件から必要な情報を提供し、希望とのギャップなどもしっかりと説明。
  • ・将来のビジョンから、スキルアップにつながる取得をアドバイスしてくれる。

詳細はこちら

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師
  • CRA職などの未経験者を対象にセミナーなども開催。安心して転職活動に臨めます。
  • ・キャリアコンサルタントは業界専任!様々な業界や職種に詳しくキャリア形成をサポート。
  • 年収UPやキャリアUPなど将来の相談もしやすく、自分の希望をぶつけやすい。
  • ・調剤やOTCなど様々な求人案件が豊富。今は転職が難しくても将来を考えた転職が実現。
  • ・全国的に拠点を構えている毎日コミュニケーションズの運営サイトだから安心。
  • 個別相談会や転職支援セミナーも開催中!参加すれば確実に転職のメリットになりますよ。
  • ・わがまま希望にも柔軟に対応。きっとあなたの希望の職場が見つかるはず。
  • 紹介実績豊富なキャリアコンサルタントが、転職のノウハウを惜しげもなく指導

詳細はこちら

ヤクステ

ヤクステ
  • ・正社員だけでなく、パート・アルバイト、契約社員などの就業形態が多岐にわたり充実。
  • ・登録型の転職サポート利用で、非公開求人の紹介や新たな求人情報のリサーチも可能。
  • 離職率が驚異の1%。キャリアコンサルタントの対応が、他のサイトとは段違いです。
  • 転職に必要な情報は、すべてコンサルタントが用意。聞きづらい質問でも何でも答えます。
  • 転職活動中はもちろん、入職後のアフターフォロー制度も充実。
  • ・登録はたったの1分。転職活動も、煩わしい作業はなし!すべてコンサルタントが代行。
  • ・自分の希望に近い条件の転職先に入職できるから離職率が低い!転職に妥協は必要なし。
  • ・転職後の収入アップ率は、業界トップクラスの充実案件が豊富。

詳細はこちら

薬剤師が転職をするメリットは?

薬剤師が転職を実現させるメリットは、自分のライフスタイルというものに合わせて、勤務状況を変えていくことができるという点です。通常の場合は、こういったことを望むと、職を離れて、全く別の職業に転職し、1から出直すというパターンと、自分で起業し、独立開業をするといったような方法しか見当たりません。その点でいえば、職場を変えるだけで、自分の望みを実現できるのでメリットのある職業と言えます。

薬剤師のなり手は、特に調剤薬局などでは女性が多いですが、結婚をし子供が生まれれば、そのための時間はどうしても、職を離れる必要が出てきます。そして家庭と仕事の両立なんてものを考えると、フルタイム勤務は難しいにしても、バイトやパートとしての勤務は可能だし、実際にそういった薬剤師の需要が高いのも現実としてあるために、転職が比較的に簡単に行うことができるというメリットがあります。

給与面や待遇面に関しても、一般的には、転職をすれば、薬剤師の場合は上がると考えて間違いないでしょう。もちろん薬剤師としての確かな技術や知識。そして経験というものがあって初めて成り立つわけですが、一般的に普通に仕事をしていれば、転職の際に給与面が下がるということは考えづらいと言えますね。

Uターン転職や、Iターン転職を実現させやすいという点も薬剤師の転職のメリットとして挙げられる点です。地方によっては、薬剤師そのものが不足している深刻な状況も見て取れます。薬剤師として働いてくれるのであれば、待遇面でも給与面でも転職者に合わせるというエリアも存在していますから、その情報は転職活動の大きな差と言えるでしょう。こういった情報は薬剤師専門の転職支援サイトを利用すれば収集することがでます。業種や職種、働くエリアなどで、給与や待遇などが左右されますから情報収集は必須条件です。

薬剤師転職支援サイト利用のススメ

薬剤師を専門とした転職支援サイトは、現在多く存在します。薬剤師として転職を考えたとき、これらのサイトを利用することで得られるメリットは、非常に多くあると言えるでしょう。

まず薬剤師の転職事情として、比較的薬剤師は転職がしやすく、求人は個人レベルでも、見つけ出すことは容易にできます。新聞広告や折り込みチラシ。コンビニなどに設置してあるフリーペーパーの転職情報誌や、有料の転職情報誌、ハローワークなどでの公共の転職支援を行っている場所でも、薬剤師の募集案件は、多く存在していることでしょう。

しかしながら膨大な量であるからこそ、どの転職先が自分にマッチングしているかを決める決定打となるものを、見つけ出すことが難しいとも言えるのです。せっかく時間をかけて転職活動をしても、結果短期間でまた転職をするならば、効率が悪いと言えます。

薬剤師専門の転職支援サイトであれば、それぞれのキャリアコンサルタントが、専任でつくことになりますし、医療業界や薬剤師に関しての知識も豊富であり、それぞれの担当エリアによって、薬剤師の事情がどういったものであるかも把握していることが当然になっていますから、安心です。

また担当しているクライアントの職場に実際に足を運んでいることがほとんどですから、職場環境であるとか、待遇面、また働きやすさやその職場の雰囲気まで、詳細に知ることができるわけです。また自分では直接聞きづらい質問というものも、キャリアコンサルタントが、交渉を行ってくれたり、問い合わせをしてくれますから、ミスマッチの確率が格段に下がり、自分が希望する職場への転職を実現させることが可能です。