トップページ > 病院への薬剤師転職

病院への薬剤師転職

薬剤師の資格を取得しようと思った人間の中には、就職先は当然に病院だという風に思い、免許を取得したという方も多いことでしょう。ただ実際には、近年に医薬分業というものが進んだこともあり、実際に薬剤師として病院内で働けるチャンスというものは減ってきているというのが現実なのです。一般的な求人広告などを見てみても、ドラッグストアや調剤薬局などは、求人としてよく出ているし、目立っているものの、病院からの求人というものは、なかなか見つけることができないものです。

現在日本の病院で勤務している薬剤師の数は、5万人と言われています。ただここ数年間、この数字が変わることがありません。つまりは5万人のラインをずっとキープしたままの状況にあるということなんです。それに対して、毎年大学の薬学部を卒業し、社会に出てくる薬剤師の数は1万人と言われています。ドラッグストアや調剤薬局であれば、その企業の経営戦略などで、短期間の間に店舗展開をする場合もありますから、人材確保のための求人も当然にあると言えますが、一般的な病院施設が短期間で、そこまで急激に増加することは考えにくいわけです。つまりは、病院での勤務は狭き門であるということを、把握しておきましょう。

最先端の医療技術。また情報などが入りやすい環境はやはり病院だからこそ、スキルアップをする場合には最適だと考え、病院内勤務を熱望する薬剤師さんは実際に多いものです。こういった薬剤師の場合には、どういったスキルを磨き、病院内勤務を実現させればいいのか。

現在の医療体制は、なんでもかんでも分業化が進んでいます。つまり病院内における薬剤師の分業化や専門化が進んでいるのです。特に大きい病院ではその傾向が顕著に見られることでしょう。簡単にいえば、その診療科によって、薬剤師が必要になっているということです。チーム医療という方法は現在ではスタンダードになっていますよね。例えば「がん化学療法チーム」「栄養管理チーム」と言ったように、医師や看護師と連携して一つの医療を行なっていくシステム。臨床の現場に立つことはもちろん、患者さんへの服薬指導や研修会・勉強会、教室の開催など、薬剤師のプロフェッショナルとしてスキルを磨くということが、病院への転職を実現できる薬剤師像なのです。

すでに特定の医療科目に対して専門的な知識やスキルを持っている薬剤師というのが、そのチーム医療の一員となって、需要を高く持たれることになるのです。

>> TOPページで薬剤師の求人に強い転職サイトランキングをチェック!