トップページ > 調剤薬局への薬剤師転職

調剤薬局への薬剤師転職

薬剤師の職場の中でも、ドラッグストアに並んで人気のある場所、それが調剤薬局です。調剤薬局で働く場合には、取り扱う薬品のほぼ全てが処方箋を必要としている物である事から、一つ一つの薬に関しての、より詳しい知識を身につけていきたいという人にとってはぴったりな職場と言えます。また、ドラッグストアで働く場合のように、色々な業務を掛け持ちするのではなく、あくまでも処方箋を基に薬を調合する仕事を受け持つ事から、柔軟なシフトを組む事ができる、さらにほとんど残業時間がないというメリットがあります。

その事から、調剤薬局では子供がいる女性でも働きやすい環境が整っており、どんなに忙しい時期であっても、しっかりと自分の休みを取る事ができ、プライベートと仕事の両立が可能になっているというメリットがあります。そして、給与の面では、未経験者の場合ではドラッグストアで働く場合よりも低くなってしまうのですが、管理職に就くことで、着実に年収をアップさせていくことができます。ですので、転職先を探す場合でも、できる限り長期で働ける場所を探している人にとっては最適な職場と言えます。

その一方で、調剤薬局への薬剤師転職を考えている人が気をつけたい事としては、調剤報酬のマイナス改定が適用された事によって、収入が減ってしまう可能性がある事や、処方をする薬の種類が偏っている場合には、全体的な薬の知識を付ける事が難しくなります。そのような場合には、内科だけではなく、外科や心療科を併せ持っている大型の大学病院や一般病棟に併設をしている調剤薬局に転職をするのがいいでしょう。

このように、調剤薬局への薬剤師転職を考えている場合でも、より総合的な知識を身につけていきたい場合には、取り扱う薬の種類や薬局の規模を調べておく事が大切です。特に、調剤薬局がドラッグストアと異なっている点としては、それぞれの場所の規模が非常に小さくなっている事から、募集する人数が少なく、人気のある場所ではすぐに転職者が決定してしまう可能性もあるのです。だからこそ、少しでも早めに求人情報を手に入れる為に、薬剤師の転職をメインとしたサイトに事前にレジュメを登録しておくといいでしょう。特に、既に他の調剤薬局での経験がある場合には、非公開求人を利用する事で、自分のキャリアに合わせたポジションを探していくようにする事が、少しでも年収をアップさせる為には効果的な方法になります。

>> TOPページで薬剤師の求人に強い転職サイトランキングをチェック!