トップページ > CROへの薬剤師転職

CROへの薬剤師転職

薬剤師の資格を持ち、現在薬剤師として活躍されている方の中には、CROへの転職を希望されている方もいらっしゃると思います。CROとは、Contract Research Organizationの略で、製薬会社が医薬品開発の為に行う治験業務を受託・代行する企業のことです。日本語では「開発業務受託機関」となりますね。

もともとCROは、欧米での認知度が高く、サービスの需要も高かったもので、日本では1997年の薬事法改正で、やっと治験基準が厳格化し、ようやく法的に認知されたという背景があります。それ以降は、日本国内でもCROへの注目が高まり、さまざまなCROが設立されました。今や新薬開発において、日本でも各CROの存在は、欠かせない存在となっているのが現実です。CROの具体的なサービス内容には、臨床試験の企画支援。モニタリングやデータマネジメント。薬事申請や非臨床試験などがあります。この全てを製薬会社との委受託契約に基づいて、それらのサービスの一部または全てを提供するというサービスを行っています。

CROは全国に多く存在してはいますが、無限にあるわけではありません。数が多いとはいっても、他の業種に比べれば少ない方だと言えるでしょう。そうなればCROへ転職するために、1社1社に確実性を上げて転職活動を行っていく必要が転職成功のポイントだと言えるでしょう。ポイントをしっかりと抑えて、事前準備を怠るなんてことはないようにしましょう。

薬剤師の方がCROに転職を希望される場合、治験コーディネーターであるCRCの職業に就くか、臨床開発モニターであるCRA、またDMや、安全管理などとして転職をされることがほとんどだと思います。この中であなたはどういった職業に就きたいのかを、明確化しておく必要があります。それぞれの職種について、ますはどんな仕事なのかということは、確実に理解しておく必要があります。また、どんなやり甲斐があるのかといったことをしっかりと踏まえておきましょう。その上で更に自分がその仕事の何に魅力を感じているのかを整理しておくべきですね。

特に病院勤務などの薬剤師がCROへ転職をするときには、注意が必要になってきます。病院などの場合は、資格やスキルが何より優先であり、面接などはあまり重視されていない傾向が高いですからね。CROの場合は企業であるということもありますから、面接では当然に志望動機や自己PRなど非常に厳しくチェックされます。職種への理解についても、当然必要になります。事前に情報を得て考えをまとめておくことが、転職成功の大切なポイントになるのです。

>> TOPページで薬剤師の求人に強い転職サイトランキングをチェック!