トップページ > ドラッグストアへの薬剤師転職

ドラッグストアへの薬剤師転職

薬剤師として働く場合の選択肢の一つ、それがドラッグストアでの勤務です。ドラッグストアの規模としては、全国にチェーン展開をしている大手の企業から、個人で経営をしている規模が小さな場所まであるのですが、ドラッグストアで働く場合のメリットとしてはどのような事が言えるのでしょうか。

まず、ドラッグストアで薬剤師として働く場合の最大の特徴は、薬剤師として処方箋を基に薬を調合する仕事だけではなく、店舗の経営や商品の発注を始めとした様々な職を任される事になります。ですので、薬局で勤務をする場合よりも、職をこなす際の達成感が大きくなります。そして、ドラッグストアの場合では、処方箋を必要とする薬だけではなく、医薬部外品の取扱いもしている事から、接客をする機会が非常に多くなり、薬剤師としてのキャリアだけではなく、接客業を行う上でのノウハウも身につける事ができます。その事から、接客業に転職をしたいと考えている場合でも有利になる可能性があるのです。そして、給与の面としては、大手企業の社員として働く事から、薬局や病院で薬剤師として働くよりは高めの設定になっている事が多いです。

特に、ドラッグストアへの薬剤師転職を考えている場合には、経験が既にある事で、最初からかなり高額の給与で雇ってくれる可能性があるので、年収アップを目指している人にはぴったりな職場と言えます。そして、薬局や病院で薬剤師として働く場合には、募集をしている人数が少なくなっている事から、なかなか採用されないという事がある一方で、大手のドラッグストアのように全国展開をしている場所に転職を希望している場合には、募集している人数が多い事から、より採用されやすいという状況があります。

このように、ドラッグストアへの薬剤師転職を考えている場合には多くのメリットがある一方で、様々な職を掛け持ちする事から、残業をする時間が多くなる場合や、専門的な知識を磨いていきたい人にとっては向いていないといったデメリットがあります。特に、どのドラッグストアに転職を希望しているのかによって、給与や残業時間、シフトの自由度などが大きく異なってくるので、より細かな勤務条件を確認しておく事が大切です。そのような場合には、薬剤師の転職サイトに登録をしておくと、数多くあるドラッグストアへの求人情報の中から、自分が希望している勤務条件に合わせて場所を選んでいく事ができるので便利です。また、大手のドラッグストアが運営をしている薬剤師転職サイトに登録をしておく事も、勤務先の規模や業務内容から場所を選んでいけます。

>> TOPページで薬剤師の求人に強い転職サイトランキングをチェック!