トップページ > 薬剤師の異業種への転職

薬剤師の異業種への転職

今、薬剤師として働いてる人の中には、異業種への転職を考えている人もいるのではないでしょうか。そして、より専門的な技術を学ぶ事や、自分で薬剤を開発したいと考える場合には、大手薬剤会社の研究室への転職を希望する場合もあると思うのですが、実際に薬剤師が異業種へ転職する場合にはどのような現状があるのでしょうか。

まず、薬剤師の資格を必要としない仕事への転職を希望している場合ですが、就職率はどのような職に就きたいのかによって大きく異なってきます。それは、全く薬剤師と異なる職へ就く場合には、その仕事に合わせた資格や経験が必要とされる可能性があるので、事前に資格取得に向けた勉強をする必要がでてくる可能性もあるのです。また、薬剤師としての経験があるものの、その異業種では未経験になる事から、転職をする場合でも新入社員としての扱いになる為、年収が以前の職場よりも低くなってしまう可能性があります。

ですので、転職活動を始める以前に、なぜその職場で働きたいのか、果たしてその職業が自分に向いているのかということをもう一度考えた上で、未経験者を歓迎している企業を探すといいでしょう。そして、薬剤師の資格を必要としている職の中でも、研究室で働く事を考えている場合には、研究室で働く社員のほとんどが、大学院や博士課程の頃から、その企業でインターンを行った可能性がある、そしてその社員が研究している内容に企業が興味を持っている必要があるという足切りが出てきます。ですので、転職を希望してすぐに職を見つける事ができる可能性はかなり低く、より専門的な知識を身につける為にも、もう一度大学院に進む必要が出てくる事もあることを念頭においておくといいでしょう。

このように、薬剤師が異業種への転職を行う場合にはいくつかのデメリットが出てくるのですが、どの企業に行けばいいのかという事を明確にする為には、転職支援サイトを利用するのがいいでしょう。これらのサイトでは、それぞれの職に合わせて専門のキャリアコンサルタントがつき、実際の仕事内容を参考にしながら職場を選んでいく事ができるので、よりはっきりとした転職プランを作り上げていく為には効果的になります。また、研究室への転職を岸が得ている場合でも、一般公開求人だけではなく、非公開求人を参考にする事で、実際にどのような研究を行っているのか、そしてどのような研究を行っている人を募集しているのかという事を企業ごとに知る事ができるので、ピンポイントで準備を進めていく事ができます。

>> TOPページで薬剤師の求人に強い転職サイトランキングをチェック!