トップページ > 企業への薬剤師転職

企業への薬剤師転職

薬剤師の転職・就職先と言えば、真っ先にドラッグストアであったり、病院内の薬局、また調整薬局など、直接的に医療に携わる現場で働くと思う人間が多いでしょうね。医療関係に従事したいという気持ちがあって、薬剤師の免許を取得した方がほとんどでしょうから、当然の選択だといえるのです。

だここ数年の薬剤師の転職の流れを見てみると、薬剤師の免許を取得している人間が一般企業へ転職する傾向が少しずつではあるものの、強まってきているという傾向が見られます。その中でも特に多く見られるのが医療品であったり化粧品。また健康食品などを扱う一般企業の品質管理部門へと転職するパターンです。こうやってみるとまだまだ薬剤師の転職先が幅広く用意されているということがわかりますよね。

なぜ直球の医療施設や薬局などではなく、こういった一般企業への転職を望む薬剤師が増加傾向にあるのか。それは薬剤師免許を持っていれば、安定した収入が確約されている時代ということではなくなってきつつあるということが挙げられます。空白の2年を乗り越えた新卒者がこれからは、どんどん薬剤師として世の中にデビューするわけですから、今までのように売り手市場ではなくなる可能性が高くなってきている。だからこそその空気をいち早く察知した人間たちが、こういった一般企業へ流れていいっているということになるのです。薬剤師の資格を持っているだけではなく、調剤などのスキルが高く、実際に行える即戦力が、転職希望者には求めれることになりますから、それができない薬剤師は、転職したくても、できないという状況になっているのです。

また近年の大学の入学希望者を見ても、薬学部を希望する学生が他の学部に比べ10倍から20倍にもなっているという現実があるのです。このことを見ても、今後は多くの薬剤師が世の中に誕生することになり、ますます競争率が激しくなり、年収の頭打ちや、良質な転職先の取り合いが激化することが予想されるわけです。このような流れを受けて薬剤師の免許を持っている人間も、自らのスキルアップや将来というものを見据えて早い段階から一般企業に転職し、打開策をとっているというわけです。

品質管理の仕事は、自社製品の品質管理と、薬事などを行う仕事です。内勤業務ですが、仕事の都合上から他部門であったり、外部の人間との交流も多く、幅広い知識やスキルはもちろんのこと、コミュニケーションスキルが要求されますから、向上心の強い方や自分の知識やスキルを試したい方には大変向いている職場だと言えるでしょう。

>> TOPページで薬剤師の求人に強い転職サイトランキングをチェック!