トップページ > 薬剤師転職の面接

薬剤師転職の面接

薬剤師の転職環境は、はっきりいって依然として売り手市場の状況であり、転職希望者には明るい条件が揃っていると言えるでしょう。ただし2012年度からは、空白の2年事件以降の新卒採用が始まっていますから、そこまで遠くない将来に、これまでの求人側と転職希望者の立場が、他の一般業界のように逆転する日はやってくると予想することができます。

こうなってくると、今まで当たり前に行ってきた年収の上昇競争は終りを告げ、年収の止まりは必死だと言えるでしょうね。自分の希望というものは通りづらくなり、自分の希望するエリアでの求人数も減少することが考えられます。つまりはそこまで良質な案件は、現在の状況に比べて、減ってくるということが予想できるのです。

ですから、これから転職活動をスタートしようと考えている薬剤師は、自分の将来のビジョンを考え、今までのように簡単に転職すればいいやという考えを捨てて、長いあいだ腰を据えてもいいという職場をしっかりと選択することが大事です。また自分が選ぶ側という思いを捨て、選ばれる薬剤師を目指し、準備をし、努力を惜しまないことが大事なのです。

依然は経験やスキルなどがある程度のものであれば、即採用されるケースがほとんどでしたから、面接なんてものは、本当にちょっとした雑談をする程度のものと軽く捉えられていたことも多かったことでしょう。しかし最近はそうではなく、採用する企業側からみて、ちょっとウチでは…と思わせるような人となりであれば、採用を見送られることにもなりかねません。

面接において、不採用を決定される人間は、挨拶というものがちゃんとできないということ。また笑顔などのポジティブな表情が少なく無表情なことが多い。転職の動機なんてものが整理されておらず、すぐにでもやめそうな予感をさせる。将来のビジョンが示されず、自分が企業に入って何をしたいのかなどをうまく説明できない。自分のことばかりで、患者さんや顧客の目線で物事を考え、伝えようなどとする能力がかけている。自己分析が冷静にできておらず、年収などの希望条件があまりにも高すぎるということが挙げられます。

こういった他の職業では、当たり前に準備して、面接に望まなければならないことも、長年の売り手市場におんぶにだっこだったために、準備ができていない薬剤師は、これからの市場では、採用を受けることはできないでしょう。転職支援サービスサイトなどに登録をし、面接の指導などを受けることをおすすめしますよ。

>> TOPページで薬剤師の求人に強い転職サイトランキングをチェック!