トップページ > 薬剤師転職の志望動機と履歴書

薬剤師転職の志望動機と履歴書

今までは薬剤師の転職状況は売り手市場でしたから、面談も雑談なんてものが多く、スキルや経験があれば、即採用とされてきたことが多かったと思います。しかし時代は変わって、これからは、人材募集をしている企業側と、求職者の立場が逆転する時代が来ると予想されます。今までこちらが「選ぶ側」だったわけですが、これからは「選ばれる側」になるわけです。

こういった時代が来たときでも、自分が希望するような良質な転職先に転職を成功させることができる薬剤師なるためには、志望動機をちゃんと考えておくということも、一つの準備として大事なポイントになってきますよ。面接の際には確実に聞かれるものですし、履歴書にも、必ず記載する項目があるはずです。なぜここまで採用する側は、志望動機を重要視するのか。一般的な人間の回答は、入社したい企業への理解度や、その企業への愛情や情熱がどのくらいあるのかを確かめるというものが多いですが、これは正解とは言えません。新卒者の志望理由であれば、これでもいいのですが、転職者となるとちょっとポイントがズレていると受け取られてしまうのです。

転職活動においては、志望動機というものは、自分の経験というものであったり知識というものを掘り下げていく必要があります。つまり自己分析をすることなんですね。自分はこんなことができるというところを売りにするわけですよ。新卒者の場合は、採用する側も即戦力を期待してはいないでしょう。ある程度の時間をかけて育てるつもりでいるわけです。

逆に転職者には即戦力として使える薬剤師を求めている場合が多いわけです。実務経験があり、調剤などを行うことができる薬剤師と、ただ薬剤師の国家資格を取得しているだけで、何もない薬剤師。そのほかの条件というものが似通っているのであれば、完全に前者の薬剤師を企業側は採用することになるでしょう。これは至極当然なことです。今までは売り手市場だったために、後者の人間でも簡単に採用されていたわけです。しかし前述にあるように、もう時代は変わってきているということを自覚しましょう。

志望動機とは、その企業への愛情などを示すのではなく、自分が何ができるし、どれだけ貢献することができるというようないわゆる「自己アピール」をする場でもあるわけです。自分を売り込む文句というものを、履歴書に書いたり、面接の際に披露するというのが、正解の方法なんですね。志望動機はPRをする場所だということを覚えておきましょう。

>> TOPページで薬剤師の求人に強い転職サイトランキングをチェック!