トップページ > 薬剤師の転職に係る資格

薬剤師の転職に係る資格

薬剤師として転職を考えたとき、売り手市場だったことをいいことに、薬剤師の国家資格だけを持っていれば問題ないと思っている薬剤師さんも多いでしょうが、これからの時代は、それだけでは良質な職場への転職はちょっと難しくなってくるかもしれません。ここでは、取得しておけば、薬剤師の資格しか持っていない他の薬剤師よりも採用されるであろう優位な資格というものを紹介します。

まずは生涯研修認定薬剤師です。定期間内に集合研修や自己研修などにより、定められた単位を取得し、生涯にわたる自己研鑽により資質向上の努力を継続している薬剤師に対して、財団法人日本薬剤師研修センターが認定薬剤師証を発行し、その成果を証明する制度です。つまりはどれだけ薬剤師として頑張っているのか、優秀であるのかを、客観的に判断してくれる資格といっていいでしょう。

薬剤師として必要な責務を全うするために、生涯にわたって研修等による薬剤師の自己研鑽を目的とするものですから、向上心の高さをアピールすることもできるでしょう。全職域の薬剤師が自らの責任で、薬剤師免許を持つにふさわしい資質を維持するための生涯研修をバックアップし、その成果を客観的に認定する制度です。

他にも、日本病院薬剤師会の生涯研修認定薬剤師であったり、日本医療薬学会の認定薬剤師。日本臨床薬理学会(JSCPT)の認定薬剤師などは、同じような認定薬剤師の資格になり、持っていると有利に働くことでしょう。

おすすめしたいのは、漢方薬・生薬認定薬剤師です。これは、漢方薬・生薬に関する専門的知識を修得し、能力と適性を備えた薬剤師であることを認定するものです。漢方薬・生薬認定薬剤師は、専門業務分野においてあるレベル以上の能力と適性を持っていることを試問等により確認し、その能力を証明された薬剤師だと認定されることになりますから、ドラッグストアなどの多くの商品を扱う職場では、かなり評価は高くなることでしょう。

その他にも、現代の大きな問題である、がん薬物療法認定薬剤師や感染制御認定薬剤師、精神科薬物療法認定薬剤師、妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師、HIV感染症薬物療法認定薬剤師などの資格も持っていると、転職の分野が広がることは間違いないでしょう。売り手市場を言い訳にして、キャリアやスキルアップをしないと、やはりよい転職を実現することは難しい時代だと言えるのです。向上心をもって現状に甘んじることなく、こういった資格を取得することも、大事なことではないでしょうか。

>> TOPページで薬剤師の求人に強い転職サイトランキングをチェック!