トップページ > 薬剤師の転職理由

薬剤師の転職理由

薬剤師の多くが転職を考える理由はどういったものが挙げられるのでしょうか。一般的には、収入面の理由。そして仕事の内容。また仕事上の悩み。そして自分の将来を見据えたキャリアのようなものではないでしょうか。正直にいえば、他の職種の人間とは、さして変化は見られないものが多いでしょうね。

特に収入面。この面で不満というものを持ち、もっとたくさん稼ぐことができるようになりたいという人間は、大勢いると思います。どんな環境で働いているかということにもよりますが、いつまでも働いていても、どんなに頑張っていても、昇給が期待できそうにないと感じると、やはり転職というものを真剣に検討することになるでしょう。特に薬剤師の場合、500万円までの年収に達するには、昇給が順調に意外と短期間の間で達成することができるために満足できるでしょうが、その後の昇給が微妙な感じになっていくために、3年目以降くらいから、徐々に不満というものを持ち始めるようになりょうですよ。

仕事内容や、仕事上の悩み、特に労働条件などに不満を感じることも考えられますね。どんな職業に関しても、残業が長めになっているであったり、労働基準法などの兼ね合いから、サービス残業が暗黙の了解になっていて、残業代の請求も制限されるなんてところは、実に多くなっています。休みをとってもいいとはなっているものの、職場のマンパワーが明らかに不足しており、休みがとりづらいという環境も沢山あります。規定的には自由に休みを取れるようになっているものの、職場の人間関係などを考えれば、休みは取りづらく、不自由さを感じるなんてこともあるでしょう。こんな状況であれば、しっかりと整備された職場環境に身を置きたいと思うようになるでしょうね。

また職場の方向性も関係してくることでしょう。方向性というものが合わない職場に長く居続けると、それは当然にストレスを抱える元になりますからね。たとえばあなたが一人一人の患者さんに丁寧にコミュニケーションを取り、病気と一緒に向かい合おうという方針があったとして、職場はとにかく回転率を上げて、消化率を上げ、売上至上主義であった場合には、方向性は全く違うということになるでしょう。こういった場合も、日々仕事をするたびに葛藤し、ストレスを抱える原因になります。

また企業での研究や開発なんて仕事でもない限り、日々のルーティーンを繰り返すだけの仕事になってしまうでしょう。スキルアップやキャリアップを考えている人間ほど、今のままではダメだと自問自答し、転職を考えることが多いようですね。

>> TOPページで薬剤師の求人に強い転職サイトランキングをチェック!