トップページ > 薬剤師の薬局以外への転職

薬剤師の薬局以外への転職

薬剤師が薬局以外への転職を考えている場合、主要な転職先としてはドラッグストアや大型病院での勤務、製薬会社での勤務を考える事ができます。そして、薬局とドラッグストアでは主な職務内容は似通っているものの、大型病院の場合では取り扱う薬の種類が一般の薬局よりも多くなる事から、より専門的な知識が問われる事があります。また、製薬会社での勤務を希望している場合には、処方箋に合わせて薬を出すのではなく、社員として薬の開発などに携わる事になる為、仕事内容としては全く異なってきます。その事から、薬局以外への転職を考えている場合には、どのような職に就きたいのかを明確に決めておく事が大切です。

このように、薬剤師が薬局以外への転職を考えている場合には、色々な転職先があるのですが、より詳しい職務内容を基に場所を決めていきたいのであれば、薬剤師の転職をメインとするサイトに登録をしておく事がいいでしょう。それらのサイトの中でも、大手薬局が運営をしているサイトの場合には、ドラッグストアでの仕事の他にも、大学病院や総合病院の求人を取り扱っています。また、それぞれの場所での職務内容をしっかりと把握している事から、その場所で働く場合のデメリットは何かを知った上で勤務先を見つけていく事ができます。特に、ドラッグストアで働く事を考えている場合には、どの程度の規模の企業に就職をしたいのかによって年収や待遇が異なってくる他、勤務地によっても給与が変化してきます。ですので、求人情報についてのしっかりとした知識を持ったコンサルタントと話をするなかで、今の職場で働く場合よりもよりプラスとなる場所を見つけていけるような方法を考えていくといいでしょう。

その他に、大手の製薬会社への就職を希望する場合には、ドラッグストアや病院が求人広告を出す時期と異なっており、退職者が多くなる3〜4月頃をメインとして求人情報が掲載される可能性が高くなっています。特に、転職を希望する場合の中途採用に関しては、企業ごとに採用人数が異なっている事や、非公開求人として募集を行う事も多々あります。その為、一般の求人サイトやその企業のホームページ上では情報を見つける事ができないので、薬剤師の転職支援サイトに事前にレジュメを登録しておく事が、優先的に情報を見つける事ができる手になります。このように、薬剤師が薬局以外への転職を考えている場合に非常に便利になってくる転職支援サイトですが、実際に登録をする場合には、そのサイトに登録している薬剤師の数を調べてみる事や、そのサイトの信頼性を調べておく事が大切です。

>> TOPページで薬剤師の求人に強い転職サイトランキングをチェック!